医療 ゲームについて

頸肩腕症候群で受診しました

私はゲームをすることが、とても好きな方ですし、得意でもあります。
得意で好きなことというのは、どうしても長い時間続けて行うことが多くなりがちです。
私も、一度開始すると、半日以上続けて行うことが、日常茶飯事の出来事です。
それ自体は、とても楽しくて良いのですが、その反面として、手のシビレが発生することがあります。
初めて手のシビレが起きたのは、私が大学生のときで、とても驚きました。
これを両親に相談すると、両親もたいへん心配して、かかりつけの内科医院に連れて行ってくれました。
すると、念のためMRIも受けたほうが良いということで、大きな医療機関を紹介してくれたのです。
MRIの結果は、特別な異常は見当たらないということで、安心しました。
シビレの原因については、頸肩腕症候群という病名でした。
頸肩腕症候群は、首の周囲の筋肉が、緊張すると発生する病気とのことです。
医師からは、あまり長時間ゲームをしないことが大切だと、教えてもらいました。

Copyright(c) 医療 ゲーム All Rights Reserved.