医療 ゲームについて

母指の尺側側副靭帯損傷

人間が患う疾患の名前には、少し変わった名前が付けられていることがあります。
そうした変わった名前が付けられているものの一つが、ゲームキーパーサムという疾患です。
この疾患は、狩猟をする時に、母指の尺側側副靭帯を損傷することが多かったために名付けられました。
母指の尺側側副靭帯損傷は、ほかの手指の側副靭帯損傷とは、異なる病態を示すことが多くなります。
そのために、母指の尺側側副靭帯損傷は、しばしば実際の医療でも、問題視されているのです。
ほかの手指の側副靭帯損傷では、固定をすることによって、ほとんどが回復します。
しかし、母指の尺側側副靭帯損傷は、固定をしても回復しないことが多いのです。
母指の尺側側副靭帯が損傷すると、靭帯が反転してしまって、断端を接触させることが難しくなります。
そのため、固定をしたとしても、回復させることが難しいのです。
そうした特徴があるために、母指の尺側側副靭帯損傷は、手術療法を選択することが多くなります。

Copyright(c) 医療 ゲーム All Rights Reserved.